むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

大悲のいわれ

もろもろの衆生を視そなわすこと、自己のごとし(仏説無量寿経

 

自分と衆生、わたしを分けずに自身として、

 

私の上に必ず本願を成就しようと大悲を起こされ、

 

敢えて言葉に成り下がり、南無阿弥陀佛の声にまで

 

成って下さったご親切。

 

それを南無阿弥陀佛のいわれという。

 

南無阿弥陀佛のいわれを聞く。わが名を称えよという

 

如来の仰せを専ら聞く。如来は念佛の声を通して出遇う。

 

如来との出遇いはそのまま自己との出遇いとなる。

 

自己とは出遇うもの、出遇い続けるものである。

 

南無阿弥陀