むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

大切なことは何か

本当に大切なことは何だろうか?

 

そんなことを思う。しかし、日常は常に自分のものさしに

 

流され、気がついたら、身が動いているということもあるし、

 

殺生を幾らやめよ、と仰られても、それを止める力がありません。

 

残念ながら、自分は人の身を生きているからです。

 

しかし、そういうことも今はもはや無用。

 

専ら我をたのめ、と仰る如来にまかせるのみ。

 

結果は知らない。

 

本当に大切なことは仏縁だと思う。それがすべてであり、

 

それがなければ、本当に生きている意味が削がれてしまう。

 

仏縁とは何か?具体的には一声の念佛。

 

一声の念佛から法性法身を頂く。

 

法性法身から方便法身、すなわち弥陀如来、南無阿弥陀佛、

 

声の如来に帰る。

 

それだけが常住であると教えて頂く。

 

よきひとの仰せを専ら聞く。よきひととは如来である。

 

残念ながら、もはや凡夫の言葉や思いに用はない。

 

それらがいくら痛みを加えても、弥陀に託す。それだけが唯一の道。

 

それだけでいいし、それしかない。もう道がない。

 

でもこの道は佛からの道。念佛の道。如来からの道。

 

如来からの道がこの一声の念佛。

 

南無阿弥陀

 

 

 

 

 

夜道のセミ

夜道を歩く。

 

影が動く。あっ、セミだ。

 

土から出てきて、もぞもぞしている。そこは歩行路。

 

踏み潰されてるのを見るのがいやだ、手を伸ばすともぞもぞ上ってくる。

 

少し腕をよじ上る。殻に成虫の兆しが透けている。

 

このセミは何歳だろうか?

 

木に置くと、ゆっくり上っていった。

 

今頃、彼は無事鳴いているだろうか?彼もいのち、自分もいのち。

 

おぉいのちのともがらよ。そのともがらをもてあそぶ事しかできぬ自分よ。

 

自分の思いから一歩も出ることができない。本当に浅ましいけれども、

 

このありようをやめることができない。沈みきっている。

 

ただし、ともに見捨てぬ大悲まします。無量寿如来と申します。

 

われをたのめとよびたもうなり。

いつまでも、どこまでも

いつでも、どこでもと思っていたが違っていた。

(170719追記 違うというのは、その意味だけではなかったということ。

 つまり、いつまでも、どこまでもに包含された、いつでも、どこでもで

 あるということ)

 

如来の大悲は、いつまでも、どこまでも。

 

必ず助ける、助け遂げずんば誓うて正覚を取らじ。

 

我が名を称えよ。

 

これが如来の大悲。

 

一隅を照らすと思っていたが、一隅をも照らす。照らし抜く。

 

貫く。貫き徹す。

 

その心は遍く十方を照らす。光明蒙らぬものぞなし、の親鸞聖人のお心。

 

如来の大悲が至り届いて、この我が声にまで成って下さったとは、

 

今の今まで知らなんだ。おぉ如来よ。おぉ無限の大悲よ。

 

南無阿弥陀