むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。