むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

むなしさ

むなしさから逃げない

むなしい、という感情は静かだが、執拗に流れてくるもので、 何の意味があるのか?ということを突きつけてくる。 そして、それに負けて中々行動、実行することができない。 それは、昔も今も同じなわけで。 たとえ如来に出遇ったとしても、それは決してなく…

智慧海のごとくならん

三帰依文を拝読すると、このご文が出てきます。 自ら法に帰依したてまつる、まさに願わくは衆生とともに、 深く経蔵に入りて、智慧海のごとくならん。 弥陀の名号称えつつ 信心まことにうる人は 憶念の心常にして 佛恩報ずるおもいあり(ご和讃) ひとりだけ…

ひたすら聞く、教えを請う

お念佛は聞きものです。称えるということは、そのまま聞くこと。 尊敬する先生がよく仰ることであります。 ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべしとよきひとの 仰せをかぶりて信ずるほかに別の仔細なきなり(歎異抄第二章) この言葉が真実であることを…

むなしさを信頼する

無縁の大悲。摂取不捨。 この言葉の出所を聞く。この出所を本願といい、南無阿弥陀佛という。 表面ではなく、言葉の本質、言葉の響き、いのちが形をとった言葉、 言葉となってまではたらくいのち。 それを聞くのだ、と。和田先生の『常没の凡愚』を聞かせて …

真宗の救い

阿弥陀如来の救いとは何か。 浄土真宗の救いとは何か。 すなわち、南無阿弥陀佛が聞こえるとは何か。 釈迦如来を通じた、阿弥陀如来の言葉を確かめる。 当に菩薩に記を授くべし。今説かん、なんじ、諦かに聴け。 十方より来れる正士、吾、ことごとくかの願い…

決定的な出遇い

あの人に出会わなければ、今の自分はなかった。 あの出遇いのおかげで、今がある。 人と出会うのは不思議なことだ。 出会おうとして、出会えるのではなく、たまたま出遇う。 声が聞こえた。 本当に決定的な出遇いが、人間には起こる。 生死流転を六道輪廻と…

笑っていますか?

心の栄養は足りていますか? 心の栄養とは、感動であり、驚きであり、感謝であり、笑うことだと思います。 この身は、常に代謝を繰り返しており、様々な栄養を摂取しなければ、 維持することができません。たんぱく質、糖分、カルシウムetc 栄養が足りなけれ…

ただ聞いていく

小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもうまじ 如来の願船いまさずは 苦海をいかでかわたるべき(愚禿悲嘆述懐和讃) 親鸞聖人の和讃が身にしみる。本当におっしゃるとおりだと思う。 自分が誰かの役に立つとか、力になれるとかはうぬぼれであり、 自分はもう…

結果は知らない、ひたすら歩む

気がついたときから、常に自分の行動、他者、社会との関係性において、 見返りを求める歩みだった。 しかし、それが自分にとっては、どうしてもむなしいことだった。 むなしい、というのは、意味がわからない、ということだ。 何もかも。周りのひとが楽しそ…

この身を生きる

今こうして人の身を頂いているということの意味を問う。 自分が人として生まれざるを得ない理由があったのだ思う。 この世をお釈迦様は、娑婆世界と仰った。 娑婆世界では一切が無常である。 そして、そこに住むものは、煩悩具足の凡夫。 歎異抄にはこうある…

自分を取り戻す佛道

真宗とは、自分を取り戻す佛道であると頂いた。 凡夫が凡夫になっていく。ありのままの自分を受け止めていく。 親鸞という方は、それを自らの身を通して歩んでくださった方であり、 だから、僕らと距離が近い。遠くない。 自我という殻を破り、本当の自己を…

如来の棄てられたものを棄てる

選択本願の念佛。 浄土真宗の行は、称名念佛の唯一行。 助行を除く、他の一切を雑行とよび、棄てている。 棄てるとは、憑りにしないこと。拠り所にしないこと。 称名念佛は、如来の選びとられた行である。真実の方便である。 五濁悪時群生海 応信如来如実言…

何度転んでもまた立ち上がればいい

失敗を怖がっていた。今もできるならしたくない。 でも、失敗しなければ、痛みを感じなければ、何一つ身につかない。 転んでも、傷ついても、馬鹿にされても、 今の自分を直視し、逃げない。目を逸らさない。 現状を正しく把握する。そして、一歩を踏み出す…

役立たずなんていない

ラジオでイギリスにおられる僧侶の方の話を聞かせて頂いた。 托鉢の時、言われた言葉。 Useless お前は役立たず。 それを言われて考えられたそうだ。 自分は、誰にでも優しく認めてもらいたい自分なのだなと。 そして、更に考えた。 Uselessの裏返しはUseful…

述懐

煩悩とか、自力とか、本当に自分は知っているのだろうか? たぶん、自分の中で思い込んでいただけで、ただのそれだけだったと 思う。 わたしが頂いている浄土真宗の教えは簡潔だ。 行は選択本願の念佛一行に依る。 ただし、それを行ずる衆生に二種あり、 疑…

助かるということ

もし、助かるということがあるとすれば、 それは、助かることも必要がなくなることである。 和田先生が、ご法話の中で仰っていた言葉。 信じる必要もないし、お願いする必要もない。 空気のように、信じるよりも先に、すでに本願がまします。 本願とともに。…

わが師の恩

自分にとって、真の師と仰ぐ方は二人います。 一人は行の師。鍵山秀三郎先生。この人に遇えなければ、今はない。 行に励んだ、あの日々がなかったら今はない。 心あるところに宝あり。 この言葉の心を、わたしは弥陀のまごころと味わっています。 もう一人は…

如来の智慧と安らぎ

智慧とは、あるものをなくすことではなくて、 転ずることだと味わう。 自分の智恵、人間の智恵は分別智ともいい、これは分け隔ての心で、 Aを立てればBが下がり、Bを上げればAは下がる。 どちらかを選ぶと、どちらかを捨てる、そういうことだと思う。 そうい…

あの日々があったからこそ今が在る

自分の原点を振り返ると、やはり、 何もかも間に合わなくなった1年あまり、のような気がする。 今思えば、あの日々があったからこそ、再び仏法とご縁を結ばせて 頂いたと思うが、やはり、孤独であり、辛く、むなしい日々だった。 ただ、肉体が生きているだけ…

むなしさとともに②

むなしさとともに、の「ともに」についてです。 「ともに」は、共にであり、友にであり、倶にであります。 本願は、常に十方衆生、具体的には、 わたしいちにんに、いきとしいけるものすべてに、平等に かけられた純粋な願いです。 私は、今、本願と共に在る…

むなしさとともに①

突然ですが、ブログのタイトルについて、 「むなしくない」から「むなしさとともに」に 変えようと思いました。 理由は「むなしさ」は否定すべきものではなかった、と 教えて頂いたから、です。 これは、自分にとって、とても驚いたことでした。 むなしさが…