むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

徒然なるままに

一寸お休みします

別に書くこともないのですが、ちょっと休みたいと思います。 何となく、ちょっと疲れたのです。だから立ち止まります。 でも、一週間も経たないうちに、また書いているかもしれませんし、 書かないかもしれませんし、それはよく分かりません。 僕は適当です…

大乗の魂

安田理深先生のお話(浄土の教学:東本願寺出版のCD)の中に 「大乗の魂」と云う言葉があった。 この言葉を自分なりに味わうことは、 あなたが助からなければ、私も助かりません、ということ。 十方衆生とは、あまたの衆生ではなくて、そのいちいちの衆生、 …

力が入っていたなぁ

3月ごろある座談会にて、何とか伝えられないか、自分が頂いているところは 伝えなければ、と思い、ずいぶん力が入ってしまっていた。 結局は、自分が分かっているつもりになってしまうのだと思う。 今はどうやと言われれば、今もそうなのかもしれない。 た…

金剛心は如来の心

逆らわずに、素直に任せるは、随順の心。 過ちを認め、恥じるは、慙愧の心。 この心、わが心にあらず。これ如来がわれらがために成就し、 回向してくださる、如来の心。 この心、不壊不滅常住につき、金剛心と申す。 念佛の声を通して、如来の無限大悲が、わ…

ひたすら聞く、教えを請う

お念佛は聞きものです。称えるということは、そのまま聞くこと。 尊敬する先生がよく仰ることであります。 ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべしとよきひとの 仰せをかぶりて信ずるほかに別の仔細なきなり(歎異抄第二章) この言葉が真実であることを…

即とはそのまま、ということだと思う。 八地以上の菩薩はこの境地を実現するという。 聖徳太子、あるいは華厳経、十地経の教えから伺うに、 七地と八地の間にも断絶があるらしい。 藤谷先生はよくお話や書物の中で、七地沈空の難ということを 仰っている。 …

佛名をたもて

親鸞聖人の仰せは、ただ佛名をたもて、これだけ。 自分の心に尋ねるのではなくて、親鸞聖人に尋ねればいい。 釈迦如来、七高僧、親鸞聖人、蓮如上人、有縁の先生。 一貫して仰るのは、佛名をたもて。 これ以外に諸佛善智識が仰るべきことはない。 自分も本当…

最初から憑みにしない

ひとは、業縁存在である。 どんなに素晴らしいひとであっても、 どんなに仕方のないひとであっても、固定的な存在ではない。 因は無量永劫の生をもって、具足している。 縁は選ぶことはできない。このことを煩悩成就、緊縛と仰られるのではと思う。 思い通り…

迷いに埋もれるままに如来の大地におった

毎日のひぐらしは因を作っているような気がしていたが、 実際は果である。 迷ってきた証は、この身である。人間として生まれてしまったことが 迷ってきた結果である。 一切が無明住地の因縁に依って起こり、それによって考え、 それによって、生きてきた、生…

夜道のセミ

夜道を歩く。 影が動く。あっ、セミだ。 土から出てきて、もぞもぞしている。そこは歩行路。 踏み潰されてるのを見るのがいやだ、手を伸ばすともぞもぞ上ってくる。 少し腕をよじ上る。殻に成虫の兆しが透けている。 このセミは何歳だろうか? 木に置くと、…

ねんぶつのうた

最近は、法話の場に行っても、話の内容や言葉を覚えようという気持ちが なくなってしまい、ただ有縁の先生のお顔を見に行っているような、 そんな感覚でおります。 お念佛もおろそかで、日常はあれやこれやで毎日が過ぎております。 いくら自分が忘れても、…

無蓋の大悲

大悲を思う。 よくぞこのような世界に如来が人の姿をとって現れて下さったものだ。 本当にご苦労下さったと思う。 そしてその説いて下さったお言葉が、今日、仏縁のない自分にまで ついに至り届いて、お念佛を申す身にまで仕上げて下さったことに 深く深く感…

諦かに見る(現実を凝視する)

他の方はともかく、自分については、救いとは無縁である。 どうしても自己中心性を離れることができない。傷つけ、裏切ることしか できない。嘘と偽りだらけである。 わが身わが心を諦かに見る。救いはどこにもない。どうにもならない。 そこに、一つのよび…

聞思

しばらく疑問を至してついに明証を出だす(顕浄土真実教行証文類 信巻) 親鸞聖人の聞思の姿勢を感じる。 言葉を掘り下げる、文章は行間を読む、仏法に体当たりをする。 専ら念佛を聞く。 僕には、時々このようなことに浸る時節があるようです。 止観、観察…

一匹の虫

たまたま手に虫が止まった。 たまたまである。 なぜ自分と彼は出会っただろう? なぜだろう?不思議の因縁を思う。 手に触れて、彼は飛び立っていった。 彼と自分には、ともにひとつの命がながれている。 不思議な因縁を感じる。彼に仏縁あれかし。 南無阿弥…

念佛は無碍なり

念佛は無碍なり。 無碍とは我が身我が煩悩を貫くなり。 貫くとは障りなく、届くなり。 届くとは聞こえるなり。 聞こえるとは称えるなり。 称えるままが聞くことなり。 念佛は貫くなり。専ら弥陀の名号を聞く。 我が身我が心のありように囚われず、専ら念佛を…

いのちのともがら

十方衆生とは、みなご縁のある者ということだと思う。 われらは、弥陀に助けられるべき存在であり、業が違うので、 姿形性格、性別さまざまな違いはあるけれども、 生まれてしまった者、必ず死に帰さねばならない者という点において、 全く同質のともがらで…

念佛とともに

死にたくはないが、どうしても生きねばならない理由はない。 難儀は嫌だが、それは避けられない。自分のこれまでがもたらしたものだから。 宿業や一生造悪、極重悪人という言葉は、誰かに用いてよい言葉ではない。 自分が『自分自身』にしか、用いることを許…

人間

人間とは、久遠の歴史を背負って生まれてきた者である。 損や得や善悪、そんなもので計れるほど、軽い者ではない。 甚だ重い久遠の過去、そして、光明と共に歩む可能性を孕んだ者の ことを云うのだと思う。 あなたは一体何だ?僕は人間でありたい、と思う。 …

メリトクラシーに抗う

一切を貨幣的、機能的にしか認識、観察できない。 『それ』としか見ることができない。 これをメリトクラシーと聞かせて頂く。 これに染まってしまった自分が どれだけ他人を傷つけ、生き物を傷つけ、弄んできたか。 そして、今も止むことがない。それが自分…

限界状況(越えられない一線)

因縁和合。つくべき縁、離れる縁。 出会いがあり、別れがある。どんなに努力をしても越えられない 一線がある。それは、そういう状況に陥るのではなくて、 元々そういう状況に在る、状況を具足していることを逃避し、 あるいは遠ざけることで自分を保ってき…

いのちを愛する

たまたま寄った銭湯のご主人の言葉。 オレは剣道五段やけど、兄ちゃん、剣の道で何がもっとも 強いか分かるか? いいえ、それはなんですかと答えると、 それはな、愛やねん。でも、何の愛かわからんねん。何でかわからんねん。 人を愛するということでしょう…

本願に信頼されている

信心で助かるのでもない。 念佛で助かるのでもない。 乗彼願力。お前を助けずばおかん。必ず助ける、という 如来の本願力、法蔵比丘の誓願で往生を遂げさせて頂くばかり。 わが身わが心、この相対有限の世界に自分をまかさない。さしおく。 助けずばおかん、…

事実と真実は違う

最近感じることがある。 それは、人は事実に支えられているということである。 事実とは、物質・精神両面において、様々な形をとって関わっている。 例えば、富、地位、家族、友、健康。 確かに今現在感じうる事実だといえる。 しかし、親鸞聖人は真・仮・偽…

度衆生心(仲良くしたいと思う心)

お経を読んでいます。 浄土三部経ではありません。雑行だと言われるかもしれませんが、 別に構いません。そういうことを気にする必要はもうありません。そのままです。 そのお経に嫌と云うほど出てくるのが『衆生のために』という言葉。 三帰依文でも出てく…

むなしさを信頼する

無縁の大悲。摂取不捨。 この言葉の出所を聞く。この出所を本願といい、南無阿弥陀佛という。 表面ではなく、言葉の本質、言葉の響き、いのちが形をとった言葉、 言葉となってまではたらくいのち。 それを聞くのだ、と。和田先生の『常没の凡愚』を聞かせて …

本願に出遇うまで⑥

6.現在 念佛を申し、生活をする。必ず隣にひとがおられる。 そのひとが自分の自性を教えてくれる。 今の自分にとって、重要なことは、今ここでお念佛を聞かせて頂く、 ということに尽きる。 色々なことを思い違いしていたが、どんなに心をさしおいても、 現…

本願に出遇うまで④

4.失敗 自分は主体的活発的なものではないため、 こうなりたい、という意欲や夢が一つもなかった。 流されて、あるいは火がついてからでないと腰を上げない、そういう子どもだった。 そういうことで、受験に関しても、 具体的に志をもって取り組むということ…

本願に出遇うまで③

今に至るまでを思い起こす。思えば、色々あったのかなと思う。 3.決定的な欠落(存在の意味が分からないということ) 他人の気持ち、立場になって考えることが今以上にできなかった。 想像力がない、否、他人に関心がなかったのだと思う。 同時に自分が何を…

道が始まった

今までこちらへ行き、あちらへ傾き、左に行き右に行き 模索しておったのが、『私の行く道はこれだ』と、 その道が決定した。それを「往生一定」といいます。 私の人生の生き方が根元から定まった、これに増したことはない。 そのことを「御恩」と申します。…

法の真実を説け

和田先生は仰った。 個人の心境を述べるに留まってはいけない。 一人ひとりの心境は異なるのだから。 だから先達は云った。法の真実を説け、と。 それは法に出遇った人の言葉である、と。具体的には経論である、と。 自分に教学がないため、心境を述べるに留…

煩悩は煩悩のままでよい

出よう、出よう、やめよう、やめようとしていたが、 どうやらそうではないらしい。 煩悩は煩悩のままでよい。断ぜずともよい。 要は執着しなければ、相手にしなければ問題ない。 湧くなら湧けばいい。思うなら思えばいい。 あぁ、また思っているな。なんまん…

ありのまま

真如法性とは、決して曇りなき青天のことをいうのではないと思う。 雲があっても、雨が降っても、嵐の日でも。 青天の日も、雪の日も、春のうららかな日も。 夏の照りつける日差しも。秋の夕暮れも。 そのありのままの姿が真如法性。足すことも減らすことも…

三帰依文を確かめていく②

この身、今生において度せずんばさらにいずれの生においてか、 この身を度せん。 度す、と云う言葉の意味には、此岸から彼岸に至る、という意味があると 聞いております。 このことの意味を、生死出づべき道と頂きます。 そして、生死出づべき道とは、今、わ…

どこまでも深く、どこまでも高く

如来わが往生を定めしご恩。 これが真宗のご恩だと和田先生から聞かせて頂く。 どこまでも深く、どこまでも高く、本当に仰ぐべきものに 遇い難くして今遇うことを得た。聞き難くして、既に聞くことを得た。 どこまでも聞いていく。どこまでも確かめていく。 …

真宗とはわたしという存在を支えるものである

このブログを始めてからちょうど一年が経ちました。 また、自分を取り戻してからは一年半が経ちました。 この間、沢山の人に出会い、沢山のことを教わってきました。 それが世間で生きることにおいて、役に立つかどうかは、わかりません。 ただ、本当に自分…

存在の歴史

確かに今、人として生まれた自分は、本当に頼りなく、 力のなく、慈悲のない者である。それは事実である。 変えようがない。 しかし、今人として生まれたということは、 数え切れないにんげんの歴史の上で、たまたま起こったことと いえる。 生まれてすぐ無…

極重悪人とは誰か

なぜ苦しいのか。なぜ孤独なのか。 その答えを外にばかり求めてきた。しかし、答えは外ではなく内にある。 我が身さえよければいい。他はどうなってもかまわない。 そもそも関心がない。わが身の安穏さえ保てればそれでいい。 他を責める心が止まない。一切…

聞かせて頂いたこと、そして思うこと

人はよいと思うことしかしない。 地獄とは、堕ちるものではなくて、人間ははじめから既に地獄に堕ちている。 地獄に堕ちているとは、地獄をはらんでいるというか、具足というか、 それから逃れられないということ。 それが各々の縁にもよおされて露わになる…

ひたすら教化を受ける

仏法は広めるものではなくて、広まるもの。 それは、最も教化を受けた者から自然に広まるもの。 和田先生の言葉。 そもそも自分は伝えられる力がないのだ。 自分は教化を受けるもの、 どうか念佛してくれと呼びかけられているものなのだから、 それに相応し…

迷いのただ中だ

自分の思いから一歩も出られない。 思いとは、自分の都合。 煩悩と有限と身は一体であると教えて頂く。 そして、この身が所属しているこの世界は穢土といわれる。 穢土とは、堪忍の土(世界)ともいわれる。 本当に迷っているのだなと思う。どうしても分別が…

法を握らず、歓びを握らず手放す

佛に値遇するということを、即得往生といい、 初歓喜地に至るともいい、正定聚に住するともいう。 初歓喜地とは、菩薩が退転の位、すなわち、十信、十住、十行、十廻向という 境涯を超えて、初めて、不退の位に達すると大いなる歓びが起こる、と 聞いていま…

忘れていたもの

このごろ気になることがありました。 それは、どうして言葉が届かないのか、ということ。 答えは目の前に、いや、身に寄り添っているのに、なぜ届かない? あるいは、どうして自分は大事な人のことを受け止めてあげることができないのか? なぜ理解してあげ…

思いに一切用事なし

こう思う。 こう感じる。 やめたほうがいい。いいと思う。 正しい、正しくない。好き、嫌い。損か、得か。 分けて、比較しないと認識ができない。比較分別心。 さらに、自分が選んだ方に徹底的に執着する。我執。 そして、その根元である無明。 しかし、それ…

如来の御恩を仰ぐ

最も悲歎すべきことは、信じるよりも先に深く、深く信じている、 一切のものが根無し草のごとく、全く力を具足していないことである。 家族も、家も、金も、友も。そして、最大の問題は、比較分別心、差別心、 我さえよければよい、自是他非の心を自分自身が…

本願は何も要求しない

迷ったらダメだ。 こんな浅ましいことを考えてはダメだ。 どうにも憎んだり、怒りの心が止まない。 貪りもやまない。 四十八の本願の中には、何一つ、私に求めていない。 汝、我が名を称えよ。称えるばかりで、必ず助ける。 これは何も私に要求していない。 …

仕事帰りに

仕事帰りに、お寺に行きました。 遅れて行ったので、五分くらいしか聞けませんでした。 先生は仰りました。 阿弥陀佛に遇えて、本当に良かったと思う、と。 阿弥陀佛に南無しなさい。阿弥陀佛とは浄土そのものであります。 浄土とは、大悲の世界なのです。 …

讃嘆と悲歎

親鸞聖人の教行信証のうち、御自釈は結論ではなく、 自分自身の感動を表白したものである、と聞く。 結論のようにずっと聞いていたなぁと思う。 よき人法然上人に出遇った歓び、本願念佛にたすけられた感動。 たすけられながらも、まったく変わることがない…

変わりどおしや

ある住職が、病に臥し、お見舞いに門徒の方がいらっしゃいました。 「ご住職、お変わりはありませんか?」 「わしは変わりどおしや。」 台風が来ています。暴風雨により、災害が起き、交通機関も 混乱が起こります。被災されたり、不幸に見舞われたりする方…

仰せしかない

現実のわが身、わが身の生きるこの世界は、自分の思いを食い破っている。 こう聞かせて頂くけれど、本当に自分の思い通りにいかないこと、 自分が破られることを、絶対的に否定している。受け入れられない。 絶対に破られたくない。自分が間違いなく、正しい…