むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

念佛

形から心を聞く

心は目に見えない。 だからといって、ないわけではない。 形を凝視すれば、心を見出すことができる。 心は形に現れる。形とは姿、相である。 南無阿弥陀佛とは、大悲の相である。 大悲の相とは、喚ばふ、ということ。喚ばふとは、喚び続けるということ。 喚…

法性のまこと

弥陀佛は自然のやうをしらせんりょうなり(末灯抄) いろもなく、かたちもない、言葉尽き果てた無上佛。 そのお心は、すべてのいきとしいけるものを、すべてもらさず、 立派にしてやりたい、という大悲。 無上佛を法性のまことと藤谷秀道先生は仰った。 弥陀…

存在の有様

衆生とともに、ほかのいのちとともにしか存在できないにも限らず、 自分はほかの命を貪り、利用し、捨てるようなことでしか生きられない。 いくらすべきではない、と思っても、それを止める力がない。 気がついたら、もう、すでに、している。 自覚のないと…

衆生とともに

人身(にんじん)受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。この身今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん。大衆(だいしゅう)もろともに、至心に三宝(さんぼう)に帰依し奉るべし。 …

助けるの仰せ

如来は待っている。衆生を信じて待っている。 ただ待っているのではなくて、動きながら待っている。 すべてを知り抜いて、どうしても助からない、迷いに埋もれるしかない このわたしを、だからこそ、我は決して汝を捨てない、と仰っている。 これが弥陀の誓…

願力無窮

無明長夜の燈炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ 願力無窮にましませば 罪業甚深もおもからず 佛智無辺にましませば 散乱放逸もすてられず(正像末和讃) 自分の心と我が身を相手にしない。そこからは妄念妄想以外に…

如来との対話

比較の煩悩が起こり、惨めな気持ちが湧いてくる。 持つ者を羨み、ねたむ。そして、落ち込みそうになる。 すぐさま一声、如来が仰る。 弥陀がおるぞよ。弥陀じゃ不足か? あぁ、そうだった、阿弥陀さんまします。助けると仰せがあった。 いいえ、まことに十分…

貫き徹す

念佛は無碍であり、無碍とは貫き徹すことである。 これが自分が体解している仏法であります。 念佛が塞がろうとするわが心をこじ開ける。 本願がわが身を助からない身に引き戻す。 願力無窮、無為自然。 苦しみ嘆き悲しみに心身を浸す。つかる。沈む。どうに…

大悲のいわれ

もろもろの衆生を視そなわすこと、自己のごとし(仏説無量寿経) 自分と衆生、わたしを分けずに自身として、 私の上に必ず本願を成就しようと大悲を起こされ、 敢えて言葉に成り下がり、南無阿弥陀佛の声にまで 成って下さったご親切。 それを南無阿弥陀佛の…

念佛は無碍なり

念佛は無碍なり。 無碍とは我が身我が煩悩を貫くなり。 貫くとは障りなく、届くなり。 届くとは聞こえるなり。 聞こえるとは称えるなり。 称えるままが聞くことなり。 念佛は貫くなり。専ら弥陀の名号を聞く。 我が身我が心のありように囚われず、専ら念佛を…

一向専修

法然聖人、親鸞聖人は一向専修の人であったはずだ。 その流れを組む者であれば、念佛を申せという仰せに 従い、念佛を専ら聞くのが自然であろう。 祈願請求の念佛ではなく、わざわざ南無阿弥陀佛にまで 成ってくださって、今ここに声に出でて下さる。 念佛に…

無有出離之縁

出離の縁がない、助からないということはどういうことかというと、 この身この心では、十悪五逆誹謗正法という生活から、 どうしても離れることができないということだと思う。 生死流転とは経巡り続けるという響きがある。 出所、上流が腐っていれば、以下…

であい

ひとつひとつのであいが、今のわたしをつくっている。 これからもつくってゆく。 つくりつづけてゆく。 あのであいがなければ、いま、ここにあるわたしではなかった。 ながしたなみだも、かなしみも、くやしさも、みじめさも、 いきどおりも、よろこびも、む…

勅命

如来の勅命に従う。 ただそれだけ。 われに用事なし。そのまま貫く南無阿弥陀佛。

言葉尽きて

いよいよ言葉が尽きてきました。 専ら仰せに従う。 それだけであります。 乃至十念 若不生者 不取正覚 (仏説無量寿経 第十八願 念佛往生の悲願) 我が名を称えるばかりで、必ず我が浄土に生まれさせる。 汝は念佛を申すだけでよい。一切は弥陀が全責任を負…

助けるの仰せ

一声の念佛は、汝を必ず助ける、との如来の仰せ。 自分の口を通るけれども、自分の行ではない。 如来の大行である。 大行とは無碍光如来の御名を称するなり(教行信証) 名となり、声となった如来が今ここで口に称え、耳に聞こえる、 南無阿弥陀佛。 南無阿…

他の方便さらになし

極悪深重の衆生は 他の方便さらになし ひとへに弥陀を称じてぞ 浄土にむまるとのべたまふ(高僧和讃 源信和尚) (意訳) 極重の悪人である我々は、他の善行や他の仏菩薩の力で救われる 方法はさらにない。 ただ弥陀の名号を称えて、浄土に生まれることがで…

一対一の関係

如来と自分は直の関係であり、 他の一切が介在する余地がない。すきまがない。 念佛が如来に帰す。一声の念佛が戻す。 かたちなき本願力が言葉になってはたらいてくださる。 他力とは如来の本願力なり、のお言葉を思う。 憶念とは、自分が如来を思うのではな…

選択

決断をする時は、複数の中から「ひとつ」をえらんでいる。 選択とは、取捨選択。 数え切れない選択肢の中から、如来の智慧、大悲を込めて取捨選択した行、 どうにもならないわたしの為に、ただひとつを選び取ってくださり、 自身が念佛と成り、行とまで成っ…

念佛とともに

死にたくはないが、どうしても生きねばならない理由はない。 難儀は嫌だが、それは避けられない。自分のこれまでがもたらしたものだから。 宿業や一生造悪、極重悪人という言葉は、誰かに用いてよい言葉ではない。 自分が『自分自身』にしか、用いることを許…

無明

どんな人も、その人を精一杯生きていると思っている。 あるいは、できることなら、互いに傷つけあわないで、尊重し、生きたいと 思っていると思う。 でも、それが何一つ成就しない。 成就するとは、その人という存在そのもの、実存という言葉でしか 表すこと…

本願は大地なり

一切が本当の支えにならない。本当に悲しみと痛みを感じる。 立場、状況によって、ひっくり返ってしまう。 また正しいと思うことが、本当に正しいのかどうかわからない。 それでも、するしかない。衆生は業によって流転していると感じた。 選択本願念佛は唯…

有限存在

諦かに観る。 雲を雲と観る。犬を犬と観る。ひとをひとと観る。 そのまま観る。目をそらさない。ごまかさない。そのまま凝視する。 自分には、決して越える事のできない『一線』がある。 この『一線』は次元が違う。道理、法則というものである。 諸行無常。…

智慧

どの人も一生懸命生きている。 その人がこれで「よい」と思う方向に向かって生きている。 それが、何一つ成就しない。敗壊、退転する。 どういうことだろう? 僕はよく道に迷う。 なぜ迷うか?それは、目的地に対して、進むべき方向がどっちか分からないこと…

仏語に従う(唯信仏語決定依行)

唯信仏語 決定依行(愚禿鈔 下巻) 自分が何者であるか、何をすべきか、何をしに生まれてきたか? 何のために生きているのか?何がわかるのか? 何一つ分からない者よ、我が名を称えよ、と如来は仰る。 釈迦如来も『汝よくこの語をたもて。無量寿仏の御名を…

誰が為の本願か

如来の作願をたずぬれば 苦悩の有情をすてずして 回向を首としたまいて 大悲心をば成就せり(正像末和讃) 罪悪甚深煩悩熾盛の衆生をたすけんが為の願にてまします(歎異抄第一条) なぜ如来は我が名を称えるばかりで、必ず助けると仰るのか? なぜ法蔵比丘…

しばらくお休みいたします

こんなブログにお越しくださり、有難う御座います。 ご案内だけ。 来月過ぎまでお休みいたします。 自分は、教学もないし、経験もない。ないないづくしですが、 如来の大悲に支えられ、励まされて、日暮をさせて頂いております。 憑むべきは、如来の大悲。依…

たすけてといえばいい

無縁社会という本を読んだ。 孤独死。老病死。 人間には、どうしても超えられない一線がある。 ヤスパースは『限界状況』という言葉で表現している。 それに対峙したとき、如何に自分が無力であったか、思い上がっていたか、 それらが初めて明らかになる。 …

2016年

この一年は、不思議なご縁で沢山の方にお会いさせて頂き、 共にひとときをすごすことができました。 日々、現実と念佛から知らされることは、 いよいよ迷いは深い、全くそこがつかないということしかわからないほど、 深淵である、ということと感じる。 浅ま…

念佛に帰る

自惚れて、念佛に帰る。 念佛に帰って、欲に帰って、また念佛に帰る。 浄土は連続無窮の相をとる。何度でも何度でも。