むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

浄土真宗

もろともに

あまねく一切を摂せん。この御心が佛心であると頂く。 この御心は平等の慈悲に催されて起こったという。 我らは法蔵菩薩の平等の大悲願心で、必ず報土、すなわち 法蔵菩薩の本願に依って建立された、本願に報いた国土へ 往生せしめられるのである。そこにも…

念佛の大悲まします

失踪というテレビ番組を見た感想を書く。 おそらく誰かに自分を受け止めてほしい、 大事にされたいのだろうなと思った。 失踪し家を離れた彼女たちは言っていた。 自分には何の価値もない、と。 親鸞聖人は、いしかわらつぶての如くなる われらと仰った。 ど…

自分は何者であり、ここはどこか、が破られる

浄土真宗の救いとは、二種深信であるといわれる。 智慧による深信である。深信とは決定、確定である。 そこに何かが介在する余地は微塵もない。故に決定であり、 確定である。 自分は間違いなく如来の仰る凡夫であるということ。 つまり、決してタスカラヌ身…

自分に用事なし

喜び心もありがたさも嬉しさも悲しみもむなしさも称える口にも 微塵も用事なし。 ただ称え ただ聞くばかり 聞くより他に道はなし タスケルと聞こえる弥陀の喚び声。 仰せの他に用事なし。 南無阿弥陀佛

中道

偏らない。 善悪に依らない。此岸にも彼岸にも依らない。今この身このまま。 過去にも未来にも依らない。ただ今に足を下ろす。 如来の仰せをただ聞き、随い、念佛を申す。 原始経典(中村元先生訳)を拝読している。 平易なお言葉で簡潔に説いて下さっている…

仏恩を思う

南無阿弥陀佛という声にまで、お成り下さり、 常に呼び掛け、抱き続け、照らし続け、言い当て続けてくださる、 無量寿仏に深く帰依致します。 帰依する心さえないので、帰依する心まで回向下さって、 助けるぞと呼んでくださるのが、今口に称え、耳に聞こえ…

すべて知っているよ

光明は智慧なりと親鸞聖人は仰った。 この言葉を味わうに、智慧とは、全てを見通す力、神通力のように 思っていたが、そうではないと思う。 人の痛み、悲しみ、苦しみを感じられるのは、 その人が身をもって、それらを味わったからこそ、 それらを何とかして…

悲しみ歎き

悲しいなと感じることが多い。 自分は、そのものを見ることができない。 うわべもほとんど分からない。況やそのものをや。 自分の判断基準をもって、その人をその存在を区別し、価値づける。 それが決して止まない。動きどおしである。 そして、欲。湧いてく…

形から心を見出す

心は形をとって現われる。 形を通して心を見出す。 どれだけ心を粗末にしてきたか。どれだけ見落としてきたか。 心は必ず形をとって現れる。 形を通して心を見出す。 今年、自分が生活から確かめていかねばならない課題だと感じた。 法性法身は形をとって現…

真宗を思う

仏教と聞くと、あるいは宗教と聞くと、どのような印象を抱くだろうか? 現世利益、加持祈祷。神様、仏様にお祈りする。無病息災を。 そんなものだと思っているとしたら、全くの見当違いである。 仏教とは、浄土真宗とは、本願によって、自らを受け止められ、…

どこまでも育ち盛り

思い通りにならない現実があり、 そこから逃げよう、できるだけ痛い目にあわないように、あわないように、 やっているけれど、それでもしょげることもある。苦楽の相を思う。 晴れの日があれば、雨の日もあり、曇りの日があれば、雪、嵐の日もある。 移り変…

今遇えた慶び

人身受け難し、今すでに受く。 佛法聞き難し、今すでに聞く。(三帰依文) ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしいかな。西蕃・月支の聖典、 東夏・日域の師釈に、遇いがたくしていま遇ふことを得たり、 聞きがたくしてすでに聞くことを得たり。 真宗の教行証を敬信し…

だからこそ、一緒に

光明無量は、知っているよ。 寿命無量は、一緒にいるよ。 十方衆生は、私ひとり。 十方衆生は、貴方ひとり。 私のことを、罪悪甚重煩悩成就の凡夫よと仰る。 悪人とは、人を傷つけ、差別し、他のいのちを奪うことが やめられないもののこと。 それは自分のこ…

聞かせて頂いたこと、そして思うこと

人はよいと思うことしかしない。 地獄とは、堕ちるものではなくて、人間ははじめから既に地獄に堕ちている。 地獄に堕ちているとは、地獄をはらんでいるというか、具足というか、 それから逃れられないということ。 それが各々の縁にもよおされて露わになる…

ただ称えよの仰せ

依るべきものがなく、できることもなく、わかることがひとつもない。 とても悲しいことだと思うが、これが自分の実相。 何か分かるとかではなくて、本当に一切何も分からない。どうすればいいのか わからない。何をすべきかも、何を望んでいるのかもわからな…

忘れていたもの

このごろ気になることがありました。 それは、どうして言葉が届かないのか、ということ。 答えは目の前に、いや、身に寄り添っているのに、なぜ届かない? あるいは、どうして自分は大事な人のことを受け止めてあげることができないのか? なぜ理解してあげ…

如来如実の言

五濁悪時の群生海、如来如実の言(みこと)を信ずべし(注釈版真宗聖典p203) 正信偈にて、親鸞聖人が仰る言葉です。 信ずべしとは、聞即信、すなわち聞くしかないということ。 何を、如来選択の念佛のいわれを。 聞こえるまで、たとえ聞こえても、いよいよ…

思いに一切用事なし

こう思う。 こう感じる。 やめたほうがいい。いいと思う。 正しい、正しくない。好き、嫌い。損か、得か。 分けて、比較しないと認識ができない。比較分別心。 さらに、自分が選んだ方に徹底的に執着する。我執。 そして、その根元である無明。 しかし、それ…

如来の御恩を仰ぐ

最も悲歎すべきことは、信じるよりも先に深く、深く信じている、 一切のものが根無し草のごとく、全く力を具足していないことである。 家族も、家も、金も、友も。そして、最大の問題は、比較分別心、差別心、 我さえよければよい、自是他非の心を自分自身が…

真宗の救い

阿弥陀如来の救いとは何か。 浄土真宗の救いとは何か。 すなわち、南無阿弥陀佛が聞こえるとは何か。 釈迦如来を通じた、阿弥陀如来の言葉を確かめる。 当に菩薩に記を授くべし。今説かん、なんじ、諦かに聴け。 十方より来れる正士、吾、ことごとくかの願い…

仰せしかない

現実のわが身、わが身の生きるこの世界は、自分の思いを食い破っている。 こう聞かせて頂くけれど、本当に自分の思い通りにいかないこと、 自分が破られることを、絶対的に否定している。受け入れられない。 絶対に破られたくない。自分が間違いなく、正しい…

出離生死

生死を出る、と聞くと、どうしても、分別に陥る。 原因Aを滅すれば、苦しみはなくなる。 だからAを消し去る。そして、Bを得る。 あるいは、生きることは「よいこと」だ。 死ぬことは「つまらぬことだ」。また逆も然り。 出離生死とは、こうではない。 A…

決定要期

本願を信じ、念佛を申す。 自分自身は、自分の臨終の後に、 どこへいくのか、どうなるのか、分からない。 ただ、汝、我が名を称えよ、称えるばかりで、必ず助ける、という 仰せをそのまま聞いて、お念佛申すだけである。 特別なことは何もないし、有難い心境…

現実をうばい返す

救いは常に現前でなくてはいかんのです。 救いの予約が救いでない。 救いというのは『今、ここに』という現前の救いでなくてはいけない。 救われようのない現実を、そこに自分の唯一の生きる道があるんだ、と。 言っていうなれば現実をうばい返すんです。 救…

あるがままを受け取る

物事をあるがまま、そのままを受け取る。 どうしても、思いによって捻じ曲げてしまう。 しかし、思いは思いのまま、放っておく。思いはやがて消えていく。 鐘の音がやがて消えていくごとくに。 悲しいときは、悲しいままに。嬉しいときは嬉しいままに。 辛い…

小さな声でお念佛を

歩くときも念佛。 風呂に入るときも念佛。 洗濯物を干すときも念佛。 時、場所を選ばない如来選択の行。 小さな声でお念佛を申し、自分の耳に聞く。 行住坐臥 不問時節近久 大きな声で、有難い声で、節をつけて、お念佛を申さなくてもいい。 自分で聞き、自…

本当に何もわからない

どうすればいいのか、とか、 あの時、ああすればよかったのかとか、 そういう思いがわいてくる。 日常の中でも、どちらがよいのだろうか、 この言葉を使ったほうがよいだろうか、色々と慮る。 定善を息慮凝心といい、慮りを止め、心を集中すると伺う。 散善…

許されていたということ

本願に出遇うということは、すでに許されていたのだと知ること。 本願に呼び掛けられているということは、すでに許されているということ。 出遇うということを通して、初めて、自分において、 本願が届くということ。 聞こえた、ということ。 聞即信。 聞こ…

癒されることのない悲しみ

どうしても、自分の都合で分けてしまう。 自分自身も、他人も、受け止めることができない。 欲望の満足、都合の満足を幸福とし、都合の悪いことを悪しと する思いが抜けない。 人と生まれたよろこびというよりは、生まれなければならなかった、 あるいは、人…

持たないと持てないは違う

あるか、ないか。 損か、得か。 好きか、嫌いか。 分別心には、二つしかない。二つしかないという事は堅いということ。 柔軟、寛容が欠落している。 自分の思いにそぐわないこと一切を許せないということ。 これが分別心、我執の心である。 残念ながら、世界…