むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

人とは、自分とは

誰かに理解されたい。

大事にされたい。

誰もが平等で、平和に暮らしたい。

でも、結局うまくいかない。

みな、自分が一番大切だからだ。

わたしの命、わたしの身体。

わたしの家族。わたしのお金。

わたしに執着して、絶えず他人との衝突が絶えない。

自分の生きている所詮は何か。

 

その答えに遇う事ができれば、すべての自分の足跡が、

これからの自分の歩みが意味を与えられると思います。

 

遇い難くして、遇うことを得た。その端っこの

気持ちすら、書けないけれども、共に今の

いのちを与えられていることに感謝し、生きていきたいと

望んでいます。