読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

朝を迎える

ものごころがついて、いったい今日は、何日目だろう。

当たり前のように朝を迎えた。

大事な人とおはようといえること。

めだかがいること。

あたたかいお茶を飲めること。

自分の足で歩けること。

スーツを着て出勤できること。

 

本当は、当たり前のことなど、何一つないはずなのに、

当たり前と『常』に錯覚している自分。

 

心から、有難いと身に染みて感じられる、

そのような人間になりたい。

 

追記)15/12/09 本当に、自分には仏様に手を合わせ、拝む心も、念仏申す心も、

        他人を思いやる心も、何もない。

        ただ、あるのは、自分が絶対的に正しいと

        堅く信じきっている心だけ。

        それが、不思議なことに、南無阿弥陀仏

        と念仏を申させていただける。

        これは、とても不可思議なことだ。

        このことを、親鸞聖人は、南無不可思議光如来

        賞賛されたに違いない。