むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

他人事ではない

犯罪。悲惨な事件。

 

それらは、他人事だと思っていた。それは、被害を受ける側に留まらず、

 

さすがに、自分もそんな馬鹿なことはしない、と。

 

でも、今は、身に染みて思う。

 

やりかねない。その因子が自分にはある、と。

 

『さるべき業縁のをもよおさば、いかなる振舞いもすべし』(歎異抄

 

悪縁は怖い、とつくづく思う。

 

それが来たら、どんなに生きたくても、

 

死なねばならぬ。

 

どんなに普段は忌避していることでも、生き残るために

 

平気でやる。他の命を排除し、自分だけ生き残る。

 

そんなことをやりかねない危うさを持っているというか、

 

危うさそのものが『自分』だと思う。

 

だから、身を慎んで、悪縁から、できるだけ遠ざかるように、

 

生きたいなと思う。