むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

矛盾

さっき、飼っているメダカを見ると、一匹死んでしまっていた。

 

水草のすきまにはさまっていて、死後幾日かすぎており、

体が溶けているようだった。

 

これが無常であると教えてくれたのだと思うべきだし、

かわいそうだとも思った。

 

だが、そのすぐあと、昨日の夕飯のししゃも二尾を食べるのが、自分である。

 

めだか、かわいい、と思い、死んだらかわいそうだと思うのも自分。

 

そして、それらの同類を無限に食べ続けなければ生きられぬのが自分。

 

根源的な矛盾を抱えた存在が自分。

 

自分とはなんぞや、その答えを聞きに今日もお寺へ行く。

 

お寺とは仏法を通して、自分とはなんぞやの答えを尋ねる、

聞法道場のことです。