むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

苦の意味

苦しいというと、自分が思い煩う、ことのような気がするが、

 

仏教での意味は、「思い通りにいかない」、ということだそうだ。

 

では、自分の望みが思い通りにいけば、それで満足するのだろうか?

 

たぶん、それらがかなっても本当に満たしてくれるものは、ないのだろう。

 

では、どこに満たしてくれるものがあるのだろうか?

 

自分は、それを「安楽」「安寧」「安心」と味わっている。

 

思い通りにいかないこと、無常のことを、火宅無常の世界と聞かせていただく。

 

「安楽」を得た今生は良い人生だった、そう云える今生はとても

 

有難いものだなと思うのである。