むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

意味がないとしんどい

人間は、意味を食べる生き物だと、ご法話で聞いたことがある。

 

自分が思うに、意味がないことをするのは、苦痛である、ということでは、

 

ないかなと思う。

 

確か、どこかの国の刑罰か、何かでこんなことがあった。

 

土を片方から、片方へ運ぶ。すると、片方の地面には穴が開き、

 

片方の地面には、土が積もる。

 

次は、積もった土をまた穴に戻す。そして、また穴を掘る。

 

そして、また穴に戻す。

 

これを延々と繰り返す。すると、それを課せられた人は、自殺とか

 

精神疾患をきたす、ようになる。こんな感じだったと思う。

 

神がいるとか、仏がいるとか。それを沙汰する人は少ないと思う。

 

ただし、自分の人生、自分の命が一体どういう意味があるのか。

 

 自分とは何なのか。何のために存在しているのか。

 

その答えは誰が知っているのか。

 

 

 それに気づいた人を目覚めたひと、ブッダという。

 

眠り続けている私が、これまでもずっと眠ってきたし、

今も私は眠り続ける者なのだと気づくには、

目を覚ましたひと、あるいは、先に我々は眠り続けるものだと

教えられた方に尋ねるしかないと思う。

 

さて、自分は眠り続けるものだと気付かされた人が、

いったいどのくらいいるのか。願わくば、みな気づくべきだと心から

思っている。

 

法を灯りに生きてゆけ。

 

お釈迦様の言葉をよくよく味わう必要があると

思うのである。