読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

全然分かり合えない

浄土真宗

徹底した差別性。

 

他を低くとらえ、自己を尊ぶ。

 

自分は悪くない。あいつが悪い。あいつは愚かだ。

 

根本的に自是他非の心を抱えている。

 

そいつが他人を自分の心で理解している、理解できると思っている。

 

全く他人の心がわからない。痛みや悲しみを共有、共感できない。

 

仏様と対比した時、本当に浅ましい愚かさそのものの自分。

 

でも、それを知っていて、あえて信じ切っている阿弥陀如来

 

誰もわからない悲しみや孤独、寂しさ、むなしさを、

本当に理解してくれるのは阿弥陀さんしかいない。

 

結局、自分の世界には、自分たった一人しか存在しないのだから。

 

本願に誓われた十方衆生は、あなたひとりのことです。

わたしひとりのことなのです。

 

追記)15/12/09 不思議なことだが、本当にいちにん、いちにんのための

   阿弥陀さんがまします。その「いちにん」のためだけに、仏の境界を

   捨てて、菩薩になり、再び仏になってくださった、それが阿弥陀さん

   と味わっています。

 

弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、

ひとえに親鸞いちにんがためなりけり。

 

さればそくばくの業をもちける身にてありけるを

助けんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ。