むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

命の意味

安心とか、安らぎとか、満足とか、自由とか。

 

阿弥陀さんの救いを色んな形で表現できると思うが、

 

自分の味わいをいうならば、

 

お前はお前でいいんや、後生は弥陀が引受けた。

 

お前はお前のままで生きてゆけ。大丈夫や。

 

何時も阿弥陀さんが憶念して下さっている。

 

自分には是非もわからない。何かを助けることもできない。

愚かな心しかない。

 

それでも、そう言って下さる人がいらっしゃれば、その方が決して

 

自分を見捨てないのであれば、かたじけのうございますと

 

念佛申すだけで十分なのである。

 

我が人生は、ありのままの自分を引き受けて下さる方に遇うためだけに

在って、それが叶った満足のゆく人生だったと心から思える。

 

だから、もうむなしくないのである。

 

15/12/19追記

 

多くの人を自分自身から解放し、自由にし、

安心を与え、寄り添い続ける働きを、本願力と申すのだと思う。

そして、それは生きている今、自分自身に成就する。