むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

出遇いと痛みと無常と

不思議なご縁で、それまで、全然会った事も話したこともなかった方と

 

聞法させて頂く機縁に恵まれている。

 

人との出遇いも不思議だ。

 

これまで、自分のこころは、相当内向きだった。自分の殻に閉じこもっていた、

というか、人と関わるのが怖かった、傷つくのが怖かった、のかもしれない。

 

でも、今は、人の話を聞き、たとえ、互いに全然分かり合えなくても、

わかったような気になる、分かり合えたような気がする、というだけで、

十分のような、そんな気がしてきた。

 

また、人とぶつかって、時には怪我をして、痛みを感じてもよい。

そうしないとわからないことも沢山あるはずだから。

でも、たとえ傷ついても、時間がそれを癒してくれる、こともある。

悲しきかな、痛みや記憶も無常、永続的ではない。

 

だから、恐れなくていい。

 

僕らは「無常」をどうしても、いやな意味に捉えてしまう。

 

でもね。

 

本当はね、

 

移り変わること、そのものを無常というのであって、

それは、自分にとって、都合が悪いことだけではなくて、

都合が良いように転じていくことも、無常というんだよ、

そう先生から聞かせて頂いたことが、胸に残っている。

 

この先生からお話を聞く機会は少ないが、不思議と耳に残る、

言葉を頂くことが多い、そんな気がしている。

 

 

良いように変わっていくこと、それも無常と言うんだよ。

 

人は人によって傷つけられもするが、人によって、癒され、

励まされ、元気付けられもする。

 

どうせなら、あの人との出遇いはよい出遇いだった。

そういってもらえるひとに自分もなりたい、そう思っている。