むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

対話

念仏を通して、常に真実に向き合う。

 

自分の日暮、日常の有様を知らせて頂く。

 

哀しみはなくならない。

苦しみはなくならない。

 

でも、その思いの裏側に大悲がいらっしゃる。

 

煩悩障眼雖不見

大悲無倦常照我(正信偈

 

煩悩即菩提

 

念仏を通し、真実と邂逅する。わが身を省みる。わが心を見つめる。

 

菩薩、諸仏。実は、十方に満ち満ちているのかもしれない。

 

 否、みち満ちている。太陽の光の中に、月明かりの中に、

 

犬、猫の瞳の中に、一輪の花の中に、我が身の中に、

 

友達、大切な人の振る舞いの中に。

 

そう、あなたの中に。あなたは願われたいのちを生きている。