読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

天知る、地知る

善因善果、悪因悪果、自因自果(自業自得)

 

私には、何が善で何が悪なのか、わからんのです。

 

わかる、これが善や、あれが悪や、そう思って生きてきました。

 

ただ、よくよく考えると、私が善や、悪やと思っていることには、

表裏があります。

 

よかれと思ってしたことが、相手の癪に障る。

逆に、何気なく言葉にしたことが、相手を結果として励ましていたり。

 

何がなんだか、さーっぱりわからなくなってしまいました。

 

だから、わかると思い込んでいたのは、まったくの検討違いでありました。

 

ゆえに、自分は、今、自分にできること、それは、他人から見たら、あまりにも

小さく、おろかで、むなしいこと、かもしれない。

 

それでも、自分は、そのことに、できるだけ、思いと願いと感謝をこめて、

手足を動かし、できるだけ前向きな言葉を使いたい、と思っています。

 

たとえ、誰もしらない、わからないことでも、そのことは、

天知る、地知る。人知を越えたものを、人は天と呼び、地と呼ぶのではないかと

思います。そして、それは決して、欺くことはできない。

 

そして、大いなる願いに気がついたとき、自分の歩みを振りかえって、

無駄ではなかった、これでよかったのだ、とそうしみじみ思うことを、

親鸞聖人は、教行信証に、『遠く宿縁をよろこべ』とおっしゃったと味わっています。