読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

苦しみの果てに

最近まで、半年あまりの無職の期間があった。

これは、想像以上に、苦しい時間だった。

 

仕事をしている事実。毎月、一定の収入がある事実。

これは、人にとって、大きなアイデンティティだと痛感した。

 

働いてる人が、とても偉い人に見える。

後ろめたい気分。

 

年配の方や子どもしかいない公園に、自分が歩いている事実。

 

自分の身を通して味わう人生苦。

 

すごく苦しかった。自分で自分を否定した。そしたら、

起き上がるのさえ、難儀な時期があった。

 

でもね、時が経ち、いつか、あんなときもあったけど、

あの経験は無駄ではなかったな、って、

いつかふりかえったとき、少しでも思えたらいいんだよ。

 

きっとあなたなら大丈夫。

 

なぜなら自分の人生には答えが在ったし、

本当の満足が在った。

 

人それぞれの歩みがあり、

歴史があり、思いがある。それでいいと思う。

 

でもね、一つだけ、大事なことがある。

 

本当の安寧は、本当に望むべきものは、財でも名誉でもない。

 

あなたの外にあるものではなく、あなたの心の中に

開くものだと思うよ。

 

だから、どうか生きることを諦めないでほしい。

自分を自分でいじめないでほしい。

 

あなたのいのちには、大きな願いがかかっているのだから。