むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

お念仏を味わう

南無阿弥陀仏は、畢竟、最後の言葉だと思う。

 

なぜなら、ただ念仏申すことが、そのまま自分の一切を弥陀に託すことに

なるからだ。

 

最後の言葉。

 

これは、通常、私たちが日常生活を送る中で、ただ念仏申すと思う心は

発起しない。

 

そこにやはり、念仏を自分の力にする、念仏を回向して、助かろうとする心が

どうしても離れない。このことを二十願の念仏と味わう。

 

十八願の念仏とは、非常時の念仏である。

 

非常時とは、何も間に合わなくなる時と体解する。

そして、間に合わなくなる時は、いつも背中にひっついている。

 

わたしは無常の世にすんでいるからだ。火宅無常の世界。

 

何も間に合わないとは、自分の当てにしていた一切が、

ひっくり返ってしまった状態のことである。

 

また、ひっくり返るものを、ひっくり返らないものと信じる心を、

顛倒と教えてくださる。よろずのことみなもって、そらごと、たわごと、

まことあることなし。

 

 

間に合わなくなるとき、自我がわたしを責め、

この先、どうやって生きていけばいいか、全くわからない時が生じる。

 

そこで、初めて、本願に、念仏に目がいく。

 

仏法は年老いてから聞けばいい、と思うかもしれないけれど、

やはり普段から身を浸さなければ、どこまでも自分の心に引きずられて、

むなしく終わってしまうのだと思う。

 

そして、普段から、本願を聞かせて頂く、称名念仏していればこそ、

非常時に、本願に遇うことができるのだと味わう。

 

念仏は最後の言葉、非常の言葉。ただ念仏のみぞまことにておわします。

 

でも、はじまりの言葉でもあり、感謝の言葉であり、哀しみの言葉でもある。

念仏は不思議です。