むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

わたしの思いは関係ない

仏法を聞かせて頂く中で、自分の心に重きを置いておりました。

 

こんな心があってはダメだ。浅ましい。

 

到底、信じられない。

 

阿弥陀さんは申します。

 

『汝の心は、一切、関係ない。何も関係ない。

 

 どうしたらいいのか、などと気に病む必要はない。

 

 持ち合わせのまま、我に任せよ。

 

 五劫思惟、兆歳永劫は汝のためのものぞ。

 

 一切を弥陀が引き受ける。悲しければ悲しいままに、

 腹が立つならその腹立つままに、浅ましければ浅ましいままに。

 

 汝の心は何も関係がない。だから、そのまま、念仏に汝を託し、

 

 任せよと聞き、はい、と申せ。大丈夫だ』

 

これが、法蔵菩薩の想いであり、阿弥陀さんの心であると味わいます。

 

重心を置くべきところが、さかさまだったのですね。

 

大切なのは、阿弥陀さんの心、法蔵菩薩の気持ち。

 

わたしの心ではない。わたしの心の動きではない。

 

本願は、誰のために、建てられたものか。

 

何のためのものか。

 

わたしいちにんのためのご本願。

 

あなたいちにんのためのご本願。

 

選択とは、沢山の中から一つを選び取り、他を捨てること。

 

本願成就のために取捨選択し、選ばれた念仏。

 

選択本願念仏です。