むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

本願力に遇う

他力とは、本願力である、と教わります。

 

では、本願力とは、一体なんだろうか?と考える。

 

それは、本願をわたしいちにんの上に、必ず、絶対に成就させる、という

 

強い力。逃げるものを追いかけて、抱きかかえる不思議な力。

 

阿弥陀さんが、わたしを信じる力。信じきっている力。

 

何の力もなく、歩むこともできず、思慮することもできないものを、

我は汝を決して捨てぬ、ともに歩むぞ、と支え、思惟する強い力。

 

その本願力が、わたしに名号となって届き、その声を聞いたとき、

本願が成就すると味わいます。

 

本願が成就したとき、諸有衆生の心が、

本当に安心する、衆生は今に満足すると味わいます。

 

それを聞其名号 信心歓喜と頂きます。

 

弥陀の本願はまことです。