読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

想い人

こころ

まことを伝えたいのに、伝える力がない。

自分の言葉には、重みがない。

 

面と面とをあわせても。傍に居ても。心に届かない。

 

年齢的なものなのか経験か、自分の知識や感受性が乏しいことは、

いうまでもないが、どうしても、どうしても、伝わらない。

 

まことがある、あなたの求めているものは、結局、

ひっくりかえってしまう、ものだ。

 

だから、あなたを決して裏切らないものを求めなければならない。

 

どんなに言っても、伝わらない。

心に堅い蓋がのっかっている。声が届かない。

 

その人の姿は、これまでの自分の一切の過去の姿、そのものなのだと思う。

 

絶対に仏の話など聞きたくない。いつまでも夢を見たいのだ。

だから、そんな話をするな。

 

でも、決してあきらめない。あきらめてはならない。

弥陀がわたしを捨てなかったように、

今生のご縁ではあっても、自分が死ぬまでに、このこと一つは、

決着させたい。

 

それが、その人にできる、根本的で、決定的な、唯一のことだから。

 

 

無常のものを求めるために、あなたの命があるのではない。

 

仏の願いを聞かなければならない。

 

届いて欲しい。安心してほしい。それだけが、自分の今生の望みである。

 

自分のことは、もはや、どうしようもない。

 

わけのわからない者が、わけのわからないことをしているのだから、

その報いがいつ来ようとも、私には仕方のないことだと受け止めさせて頂く。

 

他の方のことは、全くわからないし、沙汰する資格がない。

 

わたしには、何もわからない。それが正直な胸中だからだ。

 

どうか、どうか、届いて欲しい。

 

そして、自分を許してほしい。それだけなのに。