むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

無常を勝縁に

それ人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おおよそはかなきことは、

この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり(御文章 白骨の御文)

 

今日は、とても寒い。

 

手足、つまさきまで、ひんやりする。

 

誰もが老う。

 

いやでも病気にかかる。

 

いずれは、たった一人で死んでしまう。誰も替わってくれない。

 

これは、誰もがその身に経験する、直接経験、

たった一人で感じなければならない事象、そして、誰にも

分かってもらえない事象であると感じます。

 

それらが、わが身に降りかかってきたとき、

どうして、私がこんな目に。

私が何をした、というのか。

 

普通はこんな風に考えるし、私も考えます。

なぜ、自分が、こんな風にしか、到底思えません。

 

しかし、これらを勝縁に仏法とご縁を結ぶことができれば、

転じることができると思うのです。

 

転じる、ということは、その事実は変わらないことです。

 

しかし、事実は変わらなくても、それを受ける私の意味空間が

変わるならば、障りを障りと認識しなければ、それらは、無碍となります。

 

自分で無碍にすることは不可能です。

 

では、誰が無碍にするのか?

 

如来であります。

 

如来と出遇い、私と如来が不一不二、一体、ともになったとき、

如来の智慧が転じてくださる、そう体解します。

 

そして、その出遇いは、ただ念仏によって、開きました。

 

気がつけば、三十路を過ぎています。

日々は瞬く間に過ぎていきます。

 

時は止まらない。進み続ける。

 

しかし、それでも仏縁をいただけたことは、これ以上ないご縁だと

感じています。