むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

居た事実を消す

先日、お亡くなりになった方の備品を整理した。

 

お目にかかったことは、2.3度程度。

 

こんにちわ。お疲れ様です。

 

会話はその程度。

 

その方がおいていかれた、諸々の品物を整理し、捨てる。

 

写真。ペン。メモ。

 

それらを捨てる。

 

その品物を通して、歴史を思う。

どのような人生だったのだろう、と。

 

そして、最後は、どのような思いを抱いて、

この世の終わりを迎えたのだろう、と。

 

そして、今は、神妙な思いを抱いていても、

自分はいつもどおり夕飯を食べる。眠る。

 

自分もどうかしてるな、と思う。

 

そんな一日だった。

 

16.02.04追記)荷物を整理していたとき、真宗のお寺のハガキが入っていた。

 

おそらく、少なくても、1度は、お念仏を申されたことがあったはずだ。

 

それであれば、真実報土ではなくても、化土往生されたと思う。それは、少しだけ、

 

良かったな、と思った。お念仏のご縁に遇えることは、本当に有難いと思う。