むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

南無不可思議光如来

浅ましい、恥ずかしい、それでいながら、

 

普通の人間のふりをして生活をしなければ、生活が立ち行かない。

 

悪業を一つも止められない。止める力がない。

 

善悪も一つもわからない。わけのわからないことをするしか、

 

生きようがない。

 

これが、自分の正直な姿である。

 

そして、誰にも云えない深い闇を抱えている。

絶対に口に出してはいけない。

 

たまたま、10年くらい前、ある人に充てた手紙を見た。

 

そこには、自分には、阿弥陀さんなどは、到底信じられない、

 

と書いてあった。

 

そのころ、既に、聴聞のご縁から離れて、1年くらい経っていたようだ。

 

そのときの、自分の正直な気持ちだと思う。

 

それが、どうして、こうなった?

 

不思議なご縁としか、言いようがない。

 

そして、おかげさまで、としか思えない。

 

自分には、菩提心というような心は、欠落している。

 

自分にあるのは、邪な心、無常のものを貪る心、

そういう浅ましいものが積もりに積もったものが、わたしの心、いや、

自分自身、そのもの、自分にも分からない底知れない浅ましさ。

 

それが、どうしてこうなった?

 

南無不可思議光如来

 

帰命尽十方無碍光如来

 

必ず、汝の上に、本願を成就させる、という弘誓の強縁。

 

本願力廻向。

 

常に浅ましい自分と向き合うことが、そのまま、

阿弥陀さんに向き合うこととなる。

阿弥陀さんに向き合うことが、そのまま、自分を照らされることになる。

 

言葉も思いも絶え果てた、表現できないこと。

 

そして、そのことは、決して、凡夫では、思議できない、とおっしゃられている。

 

また、謗る衆生が居ることをお釈迦様は、既におっしゃられている。

 

そして、自分は、阿弥陀さんに対して、

頭を下げるような心がないけれども、自然に頭を下げざるを得ない。

仰がざるをえない、ことになってしまった。そこには、微塵も自分の

力は存在しない。

 

全他力。本願力。本願成就力。光明。名号。念仏。横超。

南無阿弥陀仏。ただ念仏。選択本願念仏。正定業。

 

極重悪人。邪険驕慢悪衆生。一生造悪。唯除五逆誹謗正法。

 

これが、自分自身。

 

しかし、絶対に助からない自分にめがけて、法蔵菩薩

ご本願を建ててくださっていた。最低最悪のわたしのためのご本願。

 

 

仏法は、本当に広くて、深い。

 

このご縁は億劫にも遇いがたいご縁だよ、と教えて頂いた。

そして、絶対に助からないことが、そのまま助けられたということだよ、

と聞かせて頂きました。

 

助かるじゃない、助けられる。

 

 

皆様に仏縁あれかし。

 

仏縁ほど、有難いものは絶対にありません。

 

どうぞ、お念仏申してください。

 

なむあみだぶつ