むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

せめて外面だけでも

外に賢善精進の相を現じて、内に虚仮を抱くことを得ざれ(善導大師)

 

外に賢善精進の相を現ずることを得ざれ、内に虚仮を抱けばなり(親鸞聖人)

 

親鸞聖人は、善導大師のお言葉を、あえて読み替えられている。

 

あえて。

 

 

内面は、常に誰にも云えないものを抱えている。

 

他人の目は、ごまかせても、仏と自分自身は欺くことができない。

 

自分は頭も悪いし、雑だし、適当だけれども、

 

今日、字を書いていて思った。

 

せめて、字を書く時だけでも、心をこめないと、申し訳ないんじゃないか、

 

と思った。

 

うそ、いつわり、こびへつらい、そういう心しかないけれども、

せめて、これくらいは、そういう気持ちですごさなければなと思った。