むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

ちゃんとみてござる、きいてござる、ないてござる

まじめにやっていても、結果がでないとか、

誰にも認めてもらえないとか、

むしろ、不真面目な人が評価されるとか。

 

ばかばかしくもなる。

 

でもね、阿弥陀さんは、見てござる。

阿弥陀さんは聞いてござる。

 

阿弥陀さんは、目には見えなくても、寄り添い、あなたとなって、

泣いてござる。浄土で待っておられないから、

浄土真宗の阿弥陀さんは立ち姿。立ち姿でないはずがない。

2016.2.17追記)座っておられる阿弥陀さんもいらっしゃると思いますが、

わたしは、常に急いでおられると頂きます。

 

自分が認めようが、認めまいが、一切関係ない。

一切というのは、皆無、無力ということ。

 

そして、

わたしが存在している、生かされているこの事実は、誰も否定できない。

確かな事だ。大きなはたらき、意志、決意の中に、私は存在している。

 

 

この事実を親鸞聖人は帰命尽十方無碍光如来とおっしゃった、と味わいます。

 

阿弥陀さんは、一切のいきとし生けるものを、

わが友と呼び、わが子と呼び、汝と呼び詰めに呼んで下さります。

 

一切のいきとしいけるもの、といっても、

結局はわたしいちにん、あなたいちにんです(真宗の不思議なところです)

 

『汝』という言葉は阿弥陀さんの私への親しみの籠もった、あたたかい言葉です。

 

お念仏とともに。なむあみだぶつ。

 

 

追伸:わたしが存在するこの世界の因果律は顛倒している、と経論釈には出ています。

(真宗聖典 七祖編で確認したら、また書かせて頂きます)

 

つまり、残念ながら、この世は、報われない努力が存在するし、残酷な事実もある。

 

しかし、十方衆生は、阿弥陀さんに遇わなければならない。どうしても。絶対に。

 

そのためにわたしは生かされていた、そして、

今、これから、阿弥陀さんと共に歩まさせて頂く身にして頂きました。

そして、私は心から、あぁよかったと思っております。