むなしさとともに

徒然なるままに。今を生きるあなたへ。何百年後の君へ。価値ある人生をとともに。

自力は廃る

言葉は不自由。完全に表現する、言い当てることができない。

 

雑行雑修自力のこころをふりすてて、と聞くと、

 

どうしても、わたしが主体になる。

 

しかし、今はそれは違うと思う。

 

自力は廃る。慈悲を聞けば、おのずと廃る。

 

それは、かさぶたが自然にはげるように。

 

 そこまで、納得がいくまで、聴けるかどうか。

 

念仏が本当に、心に聞こえるときまで、忍べるかどうか。

 

言葉は不自由ですね。本当に。