むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

矛盾と平等

平和は尊い。人はみな平等である。

頭で理解している、あるいは、これを思わない人はごく少数のはず。

なのに、なぜこの世界は、戦争や暴力、差別、貧富の差が

存在するのだろう。

 

ここにヒトにとって、根本的な矛盾を感じる。

 

畢竟、理想が全くかなわないのは、一人ひとりが抱える、エゴに

より、それらが自動的に捻じ曲げられる(主として自己保身のために)から

ではないだろうか。

 

いかにエゴはだめだと分かっていても、根っこは自己保身をし続ける。

わかっちゃいるけど、やめられない。

というか、それが、私の日暮そのものなのである。

 

娑婆は浄土にはならない、娑婆のままである、と聞いたことがある。

本当にそのとおりだと思う。

 

ばらばらで一緒。こう頂く為には、如来の本願に遇うしかないと味わう。

 

では、遇えばどうなるか。

 

わたしは、分別、差別をせねば生きていくことができないし、

他人に対する共感性、思いやりが欠落しているものでした、申し訳ありませんと

如来とわたくしの意味空間に、常に転じられる。

 

そこには、懺悔と感謝が生じる。

 

如来に遇うまで、真の意味での懺悔は皆無だった

(できるし、していると思っていたが、全くの見当違いだった)

 

ただし、遇わなくても生きるものすべてに、平等に訪れることがある。

例外はない。

 

死である。

 

死はいちにんも逃れることはできない。この問題に直面したとき、

自分自身に問われるはずだ。

 

これでよいのかどうか。自分はどうなるのか。

 

この解決を引き受けてくださるのが、阿弥陀如来の本願であると味わう。

 

どうぞ、お念仏申してください。