読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

わが身に感謝する(本願を通じて)

阿弥陀如来の本願と聞く。

 

では、本願とは何ぞや。

 

本願とは、どうにもならない私を、今生から、引き受け、共に歩むぞ、

汝いちにんのための本願じゃぞよ、と聞く。

 

では、本願とは、どこに成就するか?

 

どこでもない。わが身、わが宿業に成就する。

 

では、成就すればどうなるか?

 

転悪成徳。無碍。自分自身が作り続けてきた悪業、煩悩のわが身では

ありながら、それは往生のさわりにはならない。問題ではない。

 

むしろ、それがなければ、私は本願に遇わせて頂くことがなかった。

 

阿弥陀如来を除く、すべて一切の仏方が、かわいそうだが、どうにもならん、と

匙を投げ、見捨てられた自分。

 

それをかわえやと引き受け、摂取不捨といだきとってくださる。

 

宿業に感謝する。わが身の浅ましさに感謝する。

どうにもならんなぁと、毎日育てていただき、

一日一日、浄土へ引きずられていく。

 

自分は、無慈悲で、無共感で、残酷で、造悪、煩悩が止まぬ

本当に浅ましいものだけれども、お念仏はわたしを捨てない。

 

本当に、自分は、自分であってよかったなぁとしみじみ思う。

阿弥陀さんに遇えて、本当に良かった、心からそう思っています。

この点において、私は、私の言葉と私の心は、全く偽りはありません。

そのとおりです。心口は一致しております。

 

金子大栄という先生のご本の中に、印象深い一文があった。

 

生涯、念仏の炎で、これまで無量永劫作り続けてきた、煩悩の薪を焼き尽くす。

 

薪は、今生で終い。後は、煩悩の林を遊ぶが如く、

有縁の方を、共に拝み合い、感謝しあう仏にさせて頂くために、

歩み続ける。

 

阿弥陀さんにお遇いして、初めてわが身、わが宿業は有難いなと思わせて頂けるように

なりました。