むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

金による支配

貨幣は人類の生活の向上のため、のもの、のはずだ。

 

しかし、自分も含め、一切の人類は、経済という金の化物の

 

為に、酷使されている。そして、それは全く無自覚なままに。

 

大人から子供まで、金がほしい。金があれば。

 

経済というとシステムのように思うが、結局は自分自身の心の影が

 

経済の中に投影されているような気がする。

 

なんのための金だ?幸せに生きるための金が、

 

金のために金を稼ぐにすり替わっている。

 

本当にかなしいことだと思う。そうせねば、生きられないのだから。