むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

備忘)無知について

どうして、衆生は無常のものを求め、

 

それを渇望し、それさえ得られたら幸せになれる、満足できる、と

 

固く信じているのだろうか。どうしてそういうことになるのだろうかと。

 

自分の体を通して、気づいた。

 

結論は、智慧がないからだ。

 

智慧がないことは、無知である、といえると思う。

 

そして、無知あるが故に、顛倒する。

 

そして、自分自身が正しく、賢いと信じている。

 

自分は永久に存在するわたくしである、と思っている。

 

これは我執である、といえると考える。

 

無知を根本とした自己に執着するが故に、衆生の

煩悩は止むことがない。

 

そして、このことは、全く無自覚に行われ続けてきた。

 

だから、ずっと今まで、自分は流転してきた。

最近、たぶん、ずっと畜生界に居たのだろうなぁと思わされる。

 

だが、無知のわたくしは、やりたくて悪業をやっているのではない。

無自覚、全自動で、行い続ける。無知であるがゆえに。

 

だから、如来は憐れみたもうた。ご縁ができた。

 

無知を解決するために、智慧を授けようと思った。

それが智慧の念仏、信心の智慧。

 

今も、わが身は現存し、自分は全く無知であるけれども、

汝は無知であるぞ、と常に教えていただく故に、無知を自覚する。

 

なぜ、智慧を授ける、回向しようとされたのかが、

今日、身を通して感じた。

 

あぁ、無知だから、悪業が全くやまないのだ、と。

 

一切の出来事を諸仏の教えと認識することができれば、

人との出会いや苦しいこと、悲しいこと、うれしいこと、楽しいこと、

その一切から、わが身を通して、教えて頂ける事がある。

 

本当にありがたいと思う。

 

失敗を通して、仕事を通して、人との交流を通して、

沢山のお育てをこうむっているなぁとしみじみ思う。

 

身があるがゆえに、こういうことを感じることができる。

 

宿業は憎むべきものではなく、拝むべきもの、

大先輩から教えて頂いたこと、身に沁みた今週だった。

 

失敗やつまずきばっかりだけど、痛い思いをしないと、

身につかないのだなぁ、とつくづく思った。