むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

言葉

言葉はとても危ないものだと思う。

 

なぜなら、その言葉の意味づけが、自分ではなく、

 

その言葉を聞く相手に決定されるからだ。

 

ゆえに、何気なくつぶやいたことで、

 

苦しみを与えてしまうことがあり、

 

やる気、生きる気力を与えうることもある。

 

基本的に、人間の言葉は前者が多い。口は災いの元。

 

言葉ひとつ整えるだけでも、心向きは違ってくる。

 

念仏は、最上の言葉だと味わう。