むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

受け止める、許す

受け止める。

 

この言葉が引っかかる。

 

何を受け止める?

 

現在の自分を、自分の有様を。

目を逸らさず、ようこそと受け止める。

 

浄土真宗の救いとは、

過去の歩み、自分自身の存在全体を許すことかもしれない。

その受容、許容は、無量寿、無量光を根源とするため、未来永劫続いていく。

 

それは、今の自分自身を許すことだと味わう。

 

この言葉をじっくり確かめていこうと思う。

 

少なくても、自分は自分自身を憎み、軽蔑していた、

それは本当にむなしく、辛い歩みだった。

 

今は汝と呼んで下さる方が身に添ってくださるので、むなしくないのである。

 

聞其名号 信心歓喜とはこの事を指している。