むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

今生の意味

信心とは、仏性であると教わる。

 

本願の名号の因、光明の縁が和合円熟し、

 

仏性が備わると味わう。

 

信後の命がある意味は、すなわち、一人でも多くの人と縁を持つ、

 

ということなのではないか、と思った。

 

今生の縁が尽きると、浄土に往生し、仏に成れば、一切を見聞することができる。

 

過去も、現在も、未来も一切を。

 

今、ご縁があって、挨拶をしたり、すれちがったりした些細なことも

一切が分かるはずだ。

 

そして、浄土へ往生したならば、

浄土の慈悲をもって、まず有縁の人から度すべし、と教わる。

 

少しでも、わが身を通して、

ご縁を結んで頂ければ、必ず、自分が本願とのご縁を取り持つことが

できるはずだ。たとえ今生では、全く無力であっても。

そして、必ず御同朋御同行、共に拝みあう世界へ開入できるはずだ。

 

自分にもまだやるべき仕事がある。

娑婆の縁が尽きるまで、念仏と共に歩む。

 

どうぞ、一声でもお念仏を申してください。