むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

無常と本願力を想う

気がついたら、3月11日。

 

無常が大勢の人にいっぺんに押し寄せてきた日。

 

それに対し、同情や追悼の心が続かず、毎日の自分の有様にしか、

 

関心を示せない自分は、一方で生かされている。

 

今生は、道理に合わないことが沢山ある。

 

いくらまじめに生きていても、全く報われないことがある。

 

いくら迷惑をかける生き方をしていても、豊かに過ごせることがある。

 

しかし、お釈迦様はいう。

 

必ず、辻褄があうぞ、と。

 

現在があるのは、過去があったから。

今があることは、未来があるということだから。

 

大自然や宇宙と比べ、人間はなんとかよわいことか、と思う。

 

しかし、その人間は、自分がもっとも正しく、尊いという心をもたなければ、

 

日暮ができない。

 

自分も他人様も全く同じである。

 

このことを凡夫という(聖徳太子はただひと、とおっしゃる)

 

何もたよりにならない、力のないこの世界で、唯一、たよりになる方がまします。

 

本願の確かさ、間違いのないこと、わが身に成就すること。

 

そして、それは寿命無量、光明無量という裏づけを成就された上の

 

本願力。

 

ただ念仏のみぞまことにておわします。

 

何も力のない私のために、言葉、音の仏となってくださった、このご苦労。

 

ただただ、本願力を仰ぎ、お念仏申す日暮をする、それだけである。