むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

背景

写真には、背景がある。

 

物事にも背景がある。背景とは、動機であり、原因を指す。

 

大地がある。

 

空がある。

 

必ずそれを存在たらしめているもの、支えているものがあって、

自分が在る。

 

自分が在って、大地があるのではなく、先に大地がある。

 

自分はずっと、自分が在って、大地があると思っていたが、

事実はそうではないらしい。

 

事実は、自分の願いを超えて、事実として実在している。

 

人間の肉眼の視覚では、ウィルスさえ見えない。

空気も見えない。時間も見えない。

 

まず、自分の心が存在し、生き物にも動かしめている感覚があるはず。

 

でも、それは目には見えない。

見えるのは、物質の世界で、それは一部に過ぎない、と自分は思う。

 

 

人間がすべてを理解し、克服できるほど、事実は甘くない。厳粛なものだ。

厳然として、動かない事実の中に自分の存在がある、ということを

自覚させられる。

 

事実を、身を以って、体験させられるのが、本当の仏教だと頂く。