むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

本当にありがとう

ずっと自分を憎み、軽蔑してきた。

自分自身を許すことができなかった。

自分の人生は、そういう歩みだった。

 

すべてがむなしく、無意味に感じ、

他人の痛み、想いに心を馳せることなく、

自分のことばっかり、それ以外に心にはなかった。

 

その結果が、むなしさだった。何もかもどっちでもよい、だった。

 

私は如来に出遇った。

出遇いがそのまま自分を許すことになった。自分を受け止める大きな大地となった。

 

そのことを不可思議と味わう。如来が居るとか居ないとか、自分には疑う余地がない。

これを信知というのだと思う。身を以って、如来を体解するからだ。

 

本当に甘え、寄り掛かれるものに出遇えた。畢竟依。

自分自身の事実、存在全体を許し、認め、受け止めてくれる、

それが私にとっての如来阿弥陀さんである。

 

自分の生には、歩みには、答えがあり、意味が在った。

 

今はこう思う。思いが湧いて来るといえるのかな。

 

煩悩よ、ありがとう。宿業よ、ありがとう。

おかげさまで、いつも阿弥陀さんの所に戻れる。心が向くよ。立ち返ることができる。

おかげさまで、阿弥陀さんと、絶対に切れないご縁ができたよ。

自分にとっては、念仏とは、

自分自身を許し、受け止めさせる、大きな力。堪えさせしむる支え。

これが自分にとって真実であり、如来であります。

 

帰命尽十方無碍光如来。南無不可思議光如来南無阿弥陀仏

念仏を申そうが、申さまいが、関係ない。

すべては本願と共に。