むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

浅ましい故の弥陀の本願

言葉では、とても言い表せない浅ましさを抱えている。

 

自分には、他人を思いやり、他人の痛みに心を通し、ともに傷む、

 

涙を流す、そういう感受性、共感性が全然ない。

 

本当に自分だけよければ、わが身だけよければそれでいいのだと思う。

 

そういう浅ましさを抱えながらも、浄土や如来、菩薩という、

 

共感性、慈悲の極みに、うっすら憧れを抱いているような気もするけど、

 

現実は、仏法を無視し、煩悩を貪っている。

 

でも、嘆くなよ、とおっしゃってくださる。最近、自分がありがたいなぁと思う、

 

ご和讃です。

 

(36)
 無明長夜の灯炬なり (念仏は、真っ暗な長い夜の灯火(ともしび)である)
 智眼くらしとかなしむな (智慧がないと悲しむな)
 生死大海の船筏なり (弥陀の本願は、人生の大海原の船や筏(いかだ)である)
 罪障おもしとなげかざれ(だから己の身の浅ましさ、罪の深重さを嘆かなくていい)

(37)
願力無窮にましませば (本願力には限界がない)
罪業深重もおもからず (どれほど罪を重ねてきた私も障りなく引き受けてくださる)
仏智無辺にましませば (仏の智慧は、無限無辺であるから)
散乱放逸もすてられず (心が常に乱れ、勝手気ままな私も捨てられることはない-摂取不捨)

 

(38)
如来の作願をたづぬれば(弥陀の本願がなぜ建てられたのかを尋ねれば)
 苦悩の有情をすてずして(苦に沈没する私をどうしても捨てられないと立ち上がり)
 回向を首としたまひて(選択本願念仏、菩提心を私に差し向けて下さり)
 大悲心をば成就せり(私の存在全体の事実、宿業に今生、本願は成就した)

 

この弥陀が汝を引き受けるぞ、大丈夫。

願力無窮。これほど当てになるものは私にはありません。

 

本願とともに。南無阿弥陀仏