むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

今、自分を受け止めたい

自分は仏に成りたいという心も、よくわからない。

 

浄土に往生と言われても、よくわからない。

 

自分にとって大事なのは今なんだ。今しか自分にはないんだ。

死んだ後のことじゃなくて、今、自分が存在している、現在が大事なんだ。

 

梯実円という先生が教えて下さいました。

 

自分自身のいのちは、

 

誰にも代わりが出来ない、自分にしか生きられないいのちなんだ。

 

精一杯生きていない人はいない。どんなに怠け者に見られるような人でも、

その人なりに精一杯なんだ。

 

でも、今、自分自身の生にどんな意味があるのか、

死にどんな意味があるのか、わからずにむなしくいのちを終えていく、と

したならあまりにも、自分自身が可哀想じゃないか。

 

僕はそういう風に人生を終わるのは嫌だ。

 

辛く、悲しく、険しい歩みだったけれど、本当に意味のある人生でした、と

自分自身に合掌していのちを終えていく、こういう生を僕は歩みたい。

 

おおよそこういう意味のお話を聞かせて頂いた。先生は既に往生されている方です。

 

自分は、不完全で、愚かで、嘘つきで、卑しくて、他人を見下して、

そういう歩みしかできないけれど、その自分を待っていた佛と、今共にこの身で

遇えた。

 

だから、この身を受け止めて、自分に出来ることをやって、

今生を生き切りたい。どういう未来が待っていても、

涙を流しても、恨んでも、かまわない。受け止めたい。

今まで避けて、逃げ続け、迷い続けてきた自分自身を、受け止めたい。

 

ひとりでは受け止められなくても、

如来まします故に、きっと受け止めることができる。

 

わたしと共に在る浄土真宗、念佛とは、自分自身を受け止める、大きな力です。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏