むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

平等

人間は平等。

 

何が?

 

命を欲する前に、命を与えられていること。

無常の世界に存在していること。

自分は、凡夫という事実を身体を通して、自覚しうる存在であること。

 

願うより、先に願われている、信じるより先に信じられている存在であること。

それは自覚しようがしまいが、個人の意思とは全く関係ない。

 

物質、相対的な違いは、問題としない。

 

なぜなら、それは差異だからである。それは、本質的なものとは

異なるもの、と解する。

 

本質とは、存在に関する事象としたい。

存在する事実において、人間は平等だと思う。