むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

大事なのは今

過去、現在、未来。

過去があって、現在があるし、

現在があって、未来がある。

 

これが普通の考えだと思う。

 

でも、浄土真宗では、「今」しかない、と聞かせて頂きます。

 

あなたは、今に満足してますか?

 

僕はずっとできなかった。むなしかったし、生きている意味も分からなかった。

だから、勉強といっても、何のためにするのかも分からないし、

分からないから自発的に、何かをしようという意欲もなかった。

自分のことにしか興味がなかった。

 

でも、幸い、今に満足させて頂いています。それまでの自分の在り方は、

根本的に間違っていたと思うのです。

 

住岡夜晃という先生の言葉を拝見しました。

 

念佛したらどうなるんですか?何の意味があるんですか?

 

「知らん」

 

念佛の目的は念佛。

 

念佛申し生きることが、本願に相応した姿だ。

 

僕は先生の「知らん」にすごく惹かれました。

 

今に満足してますか?

周りに満足している人はいますか?

 

お互い、今に満足できれば、それだけでよいと思います。

 

事実は一切の物事を先行している。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏

 

16/06/15追記

 

念佛に出遇うということを、自分自身で表現するとしたら、

 

それは、やはり「目的と手段が一つになる」、あるいは、

 

「精神において、ある一点が決定し、自分が立ち還る場所が

 

成立する、そして、念佛がそこに還れと呼んで下さる」という

 

ことのように思います。

 

わたしには決定がない。だから不安であり、何かを掴みたい、

 

どちらかを選ばなければならない、という心が起こる。

 

如来の智慧は、どちらでもかまわない。汝の心の赴くままに

 

歩め。この弥陀が居る。

 

如来は決定している。