むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

会うは別れの始め

出会いと別れは裏表。

 

裏表という事は、離れていないこと、別々でない。

 

二つの相。

 

しかし、どうしても別々にしか考えれない。この事実を凡夫と申す。

 

別れは辛い、かなしい、離れたくない、切ない。

 

泣きたい時は泣けばいい。

涙は流すものではなく、あふれるもの。こぼれるもの。

 

気がすむまで泣けばいい、と思います。

 

その想いも今の自分を支える大地となるでしょう。

 

 

願わくば、かなしいままに、

なむあみだぶつのお念佛を申してください。

 

全てが、このためであったという一念のために。