むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

どうしたら、どうしたら

答えが見つからない。

 

探しても、探しても、見つからない。

 

どうしたらいいんだ。どうしたら解決できるんだ。

 

頭の中でどうどうめぐり。

 

自分では答えが出せない。

 

どうしたら、どうしたら。どうしたら、どうしたら。

 

念佛が心に響いたとき、一つの結論が浮かび上がった。

 

あぁ、持ち合わせのままでしかなかったのだな。

 

浄土真宗でこの出来事を、聞即信と表現すると頂きます。

 

この時に至るために、何をしなければいけないのだ?

 

選択本願の念佛を専ら称え、自ら聞く。

 

そして、念佛のおいわれをひたすら聞いていく。

 

このことを、

仏願の生起本末を聞きて、疑心あることなし、と頂きます。

 

自分の在り方を問うていく。十方衆生とは、わたし一人のことです。

 

すべてわが身に引き当てて聞かせて頂かなければ、と思います。

 

必ず、そこにその一念が開けるはずです。

 

ただ念佛して弥陀に助けられまいらすべし。

 

念佛一行に心を定め、苦しくても、歩み続ける。

涙を流しながら、うらみながら、倒れながら。うめき、もがきながら。

 

待っているのは、こちらではなく、阿弥陀さんの方でした。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏