むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

答えはいつもそばにある

幸せの青い鳥を探して、ずっと彷徨って来た。

 

探しても探しても見つからない。

 

ずっと、ずっと。持つ者をうらやみ、あのようになりたい。

 

あのようにならなければ。

 

なりたくてもなれず、欲しくても手に入らず。

 

そういうむなしい歩みに耐えられず、心が軋んだ。

 

すると、一つの声が聞こえた。

 

『待っていた』

 

あぁ、答えはいつも、すぐそばにあったのだ。

ずっと目の前にあったのだ。

 

自分という存在全体を支え、許し、育み、いだく、大きな力、

本当の願い。

 

この声のことを南無阿弥陀仏と申す、と体解する。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏