読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

僕は弱い

難儀を殺すのではなく、生かし切るのが、弥陀の本願。

 

難儀から逃げるのではなく、受けとめる。

 

こらえ切る。

 

ここに仏法の真髄を思う。

 

 

追伸

 

本当は逃げたくて仕方がないんです。

 

不都合な現実を受け止めたくないし、誰かのせいにしたい。

いつまでも平和で、夢をみていたい。苦しみはどこかへ、

鬼は外、福は内といっていたい。

 

でもね、それは何の解決にもならないことも知っている。

 

宿業とは、今の自分の存在全体、自分を成り立たせている一切のことを

指すと味わいます。

 

ゆえに、この宿業から逃れることはできない。

 

逃れることのできないものから、逃げたいと思うが故に、

苦しみは起こる。

 

だから、逃れるのではなく、こらえる、今生は耐え忍ぶことで、

道が開くと思う。

 

自分でこしらえたことは、自分で始末しなければならない。

 

本当は自分にものすごく弱いし、卑怯で、姑息なのです。

 

でも、そのおかげで、本願とご縁ができた。

 

だから、憎むべきことではなく、拝むべきものと頂きたく、存じます。