むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

柔らかくしなやかに

柔軟心はありがたい。

 

自分ならば見過ごすことを、見つけてくれる。

 

そこに「あぁ、ありがたいな」と云う心を附してくださる。

 

生きていると、自分の力不足で、ご迷惑を掛けることが多々ある。

 

そのとき、以前ならば「隠してしまいたい」「逃げたい」と

先延ばしにすることを「ごめんなさい」と謝る勇気を下さる。

 

自分自身にはない心が、確かに行いとして今のわたしに現れる。

 

阿弥陀さんは、どうやって煩悩を断ぜずして、人生を乗り越えさせるかを

考えてくださった。

 

その結果が、柔軟心、大菩提心をわたしに差し向けて、存在そのものを

支える、ということだと味わう。

 

固く、閉ざされた自分の心が、佛の力で柔軟にされる。

 

念佛の波が煩悩を絶えず、さらい流し続ける。

 

親鸞聖人が、本願を海におたとえになった心の端っこが

ほんの少しだけ、感じれるようなそんな気がします。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏