むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

天国と浄土

仏法でも、天国があります。

それは、天上界と申すと聞かせて頂きます。

 

そして、仏法では、天国は、

六道すなわち迷いの世界の一つであると聞かせて頂きます。

 

対して、浄土という世界は何か?

 

地獄界、

餓鬼界、

畜生界、

修羅界、

人間界、

天上界の六道、苦しみ迷いの境涯を超えた世界です。

 

そして、天国と浄土の違いは?

 

天国とは、わたしの願いが全て成就した世界。

 

 

浄土とは、阿弥陀如来がすべての命を、本当に

安心させ、平等にならしめるために、四十八の本願を建て、

その本願が本願の通りにすべて成就した世界のことです。

 

そして、浄土では、その国に生まれた者の寿命は、

阿弥陀如来と同じく無量寿であります。

もう自らの業因で六道を経巡ることはありません。

迷いの根を断たれる故に。

 

改めて比較すると、全く性質が異なることが分かります。

 

無量寿の命に目覚める、これが仏法の目的と頂いております。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏

 

追伸 六道というと死んだあとのように思われるかもしれません。

しかし六道は、現在只今の自分の心にあらわれるものです。

それは、浄土も同じく然り。心が浄土に住すことを、

即得往生と申すと聞かせて頂きます。