むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

本願を聞く

一生懸命聞いてきたつもりでしたが、ずっと方向を間違えてきました。

 

仏法とは何か。

 

如来世に興出したもうゆえは、唯弥陀の本願海を説かんとなり。

 

仏法とは、弥陀の本願である、と親鸞聖人は答えて下さいました。

 

わたしは全く本願を聞いていなかった。

 

自分を見て、これではいけない、一生懸命にならなければならない。

こんな自分は如来といえども助けられないのではないだろうか。

 

主が、自分で、如来を傍らにおいておりました。

 

逆さまなのです。

 

如来は、私に変われと仰っていない。

 

本願の中に、変われ、されば助けるという言葉も心もない。

 

汝よ、今、念仏申せ、汝の一切を弥陀が引き受ける。

 

本願の要求は、ただ念仏申せ。

 

極重悪人唯称仏のお言葉が如来の仰せです。

 

私は、その仰せに従い、ただ念仏申す。

 

本願に相応し、如来如来として、私を場として、立ち上がる。

 

 

 

助けての念仏は、主が私にある。

私の思いが混じるが故に本願に相応しない。

 

主は私にあるのではなく、本願にまします。

共に本願を聞かせて頂きたく、存じます。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏